レジャースポット・テーマパーク 遊びに関する検索サイト 日本全国あそぼーか!

テーマパークレジャー施設総合検索サイト日本全国あそぼーか!

このサイトは全国のレジャー施設やテーマパークなど・遊びに関する総合検索サイトです。

あそぼーか > あそぼーかインフォーメーション » 富岡製糸場と絹産業遺産群 ~世界文化遺産登録候補~(関東運輸局)

地域情報スクエア
 

富岡製糸場と絹産業遺産群 ~世界文化遺産登録候補~
 (関東運輸局)
 

 

 観光立国の推進は、国民の安全・安心の確保と同様、最重要課題であるとの認識の下に関東運輸局全体で取り組んでいます。関東地域は、政治経済文化の中心であって豊富な観光資源にも恵まれておりますが、こうした観光資源を活用していくためには、多様な関係者の連携を強化していくことが必要です。このため、管内各都県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県)をはじめ、観光関連団体、観光協会、交通事業者等の参加を得て、平成22年2月に『関東観光推進会議』を設置し、意見交換や情報交換を行っており、管内各地では観光振興に向けて関係者による様々な取り組みが行われています。
 
 世界遺産は、極めて有力な観光資源ですが、関東エリアでは既に『日光の社寺』、『小笠原諸島』が登録されているほか、『富士山』、『武家の古都・鎌倉』が暫定リストに掲載されています。さらには平成24年8月に『富岡製糸場と絹産業遺産群』のユネスコ世界文化遺産への推薦が決定され、平成26年の登録を目指しているところです。
 
 富岡製糸場は、赤煉瓦造りの壮麗な国を挙げて近代化を目指した当時の人々の息吹を感じさせます。民間に払い下げられた後も115年にわたって実際に操業を続け、昭和62年に操業が停止された後も関係者の努力により保存管理された結果、建造物は創業当初のままで残されています。
 群馬県では、富岡市をはじめとする地元やボランティア団体と連携して世界文化遺産登録に向けて、推薦書の作成、調査・研究、普及・広報等の活動を積極的に展開しています。たとえばボランティア団体としては、「富岡製糸場世界遺産伝道師協会」があり、約250名の伝道師の方が講演会や学習会で世界遺産について説明したり、様々なイベントでパネル展示やパンフレットの配布などのPR活動を積極的に行っています。また、小中学校での「繭クラフト」等の実演体験を通じたこども達への啓発活動も実施されています。
 この『富岡製糸場と絹産業遺産群』は、製糸場のみならず我が国における近代的絹産業全体を対象にしており、養蚕農家の旧宅なども含まれていますが、それぞれの現地にはボランティアガイド(解説員)がいて訪れるお客様に養蚕に関する詳しい説明を行っています。
 
 こうした世界遺産の登録を目指した関係者の連携は、そのこと自体、地域の活性化につながるものとして高く評価できます。関東運輸局としてもこうした連携の輪の中に積極的に参加し、観光立国の実現に向けて引き続き努力してまいります。
 

 

—————————————————————-

この記事は 

国土交通省メールマガジン 

2013/1/31  第1063号 より抜粋して掲載しています。

—————————————————————-

Last Update 2013 / 2 / 1
あそぼーか
遊び・レジャー情報
日本全国あそぼーか